取り出しを簡単にするだけで家事の効率化を図る

ここをちょっと変えるだけ?家事をより効率化するマル秘テクニック

一人暮らしでわかった家事の面倒くささ

毎日こなしていく家事はほとんどルーチンなので、頭で考えるのではなく身体が自動的に熟している感覚です。 しかし日によっては普段と違う家事をしたり、順番を変えなければならなかったりします。頭で全て覚えるのは難しいので、TODOリストを活用してみましょう。

TODOリストは家事の強い味方

実家に住んでいる時は親が家事をしていたのでその大変やさや面倒さは全く考えていなかったけれど、実際に一人暮らしをすると親が毎日こなしていた家事のクオリティに圧倒した。
毎日ルーチンでこなしていき、終わりが見えないしこだわればこだわるほどどんどん多くなっていきます。家事は主に衣食住に分けられて洗濯や掃除、料理が大まかな家事でそこから細かに細分化されます。この細分化が人によって大きく違います。生活に支障が出ないレベルであれば良いと考える方だったり、キレイな状態で無いと気持ちが悪いので頻度を決めてやっていきたいと思ったりしている方もいるので、折り合いをつけるのが難しいものでもあります。
そんな面倒な家事ですが、ちょっとしたコツを知るだけで劇的に効率化します。アナタは普段仕事をする際に、何のゴールも考えずにダラダラをやっていますか?多くの仕事は完了までの時間が決まっていて、それまでに如何に効率よく仕事をするかがカギになります。それが自分の評価に繋がりますし、自分がやりやすい仕事のパターンを決める事になります。
家事も仕事と同じで、効率化を考えるだけで時短はもちろんの事、精神的なゆとりが出来るので生活にハリが出ます。特に一人暮らしを始めたばかりの方は、手探りの状態です。今回は簡単に出来る家事の効率化にスポットをあてて公開しているので、自分の時間をもっと作りたい!家事の手間を減らしたい!と思う方は必見の情報です。

決まったところに収納すれば時短になる?

ある程度決まったところに収納を心掛けているだけで、探す手間が省けたり咄嗟の事態にもうまく対応出来たりします。 家事にはアクシデントがつきものですが、簡単に出し入れ出来る収納があればそのアクシデントをうまく回避出来ます。誰でも簡単に出来るので、参考にしてみて下さい。

「ついで」に出来る家事を増やす

何かをしている時の「ついで」で家事をするとサクサク進みますし、ルーチンに組み込みやすいのでモレを防げます。 その「ついで」家事をする為の前準備だったり、心掛けるポイントや効率化出来たりする方法を説明しています。特に忘れっぽいズボラさんにおすすめの方法です。