探偵サービスを利用する前の下調べが重要な理由

情報が全て、下調べで成功率アップへ

下調べをする意味

探偵を利用するというと真っ先に思い浮かぶのは浮気です。
勿論それだけでなく素行や交友関係などの身辺調査や盗聴器探しを含めたストーカー調査、人探しやペット探しなども依頼は可能です。
ただ彼らも何の手掛かりも無しに手あたり次第に探すという訳ではありません。
特に浮気などであればあらかじめ時間を使って下調べをしてから実際に調査を開始します。
この下調べというものは探偵業務において相当なウェイトを占めており、下調べによって調査が成功するかどうか決まってくると言われているぐらいです。

調査する地点の周辺をまずは把握しておかなければ探偵業務はままなりません。
対象がいるであろうポイントもおさえる必要があります。
いくら建物内に対象がいると分かっていても出入り口が複数あればどこから出てくるかは分かりません。

探偵はプロですからその辺りは抜かりが無いはずなのですが例えば急を要する依頼の場合、短時間で調査をしなければならないこともあります。
そういう時は下調べをするのに満足に時間を割くことが出来ない故にどうしても疎かになってしまう一面もあり調査対象を追いきれないということが起きてしまいます。
余裕があればあらかじめ出入り口の数だけ人員を用意して完全包囲するという手段を取ることが出来ますが下調べ次第では穴が出来てしまうので仕方ありませんがこの事からいかに下調べが重要かが分かると思います。

自分で調査をしようと思った時も同様です。
まずは出入り口を全て把握しなければ始まりません。

おすすめリンク


ページの
先頭へ